日本は世界のキャッシングよりは手数料が低め

お金を借りたいというニーズは、万国共通です。何もそれは日本だけではないのですね。 そして借りる場合は、いわゆるキャッシングが利用される事が多いです。つまり海外にも、その融資商品があるのですね。

ところで日本と海外にはどのような違いがあるかと申しますと、手数料なのです。結論から申し上げれば、日本は比較的リーズナブルな方のだと思いますね。 そもそも日本の賃金業者の手数料は、たいてい年間18%ぐらいです。一見すると、それは高めなように思われるかもしれません。100万を借りた場合は、1年で18万近くの手数料が発生する事になるからです。確かにその18万という金額だけを見れば、高そうですね。

しかし実際には、海外に比べれば比較的低めです。例えばアメリカの場合は、ちょっと特殊な商品があります。給料日前に借りる事ができる商品なのですが、それは日本に比べるとかなり手数料が高いのですね。中には100%前後の商品をあるのだそうです。ちなみにわずか数日で、その手数料がかかるのですが。ですので1年を経過しない内に、100万もの手数料が発生する事になります。何ともすごい話ですね。

それとイギリスの場合は、さらに手数料が高めな商品があります。聞いた話では、数百%前後の商品があるようなのです。しかもそれは日本と違って、わずか数日で数百万もの手数料がかかる事になります。それもまたすごい話です。 このような話を聞くと、海外の方々は融資商品を利用する事は少ないように思われるかもしれません。しかし実際はそうではなく、かなり需要が多いようなのです。多少手数料がかかっても仕方がないと思う方々は、世界のどの国にもいらっしゃるのでしょう

そして日本の18万という金額は、やはり海外に比べれば随分とリーズナブルだと思います。少し前も20%台だったのですが、それでも海外に比べれば低い方ではないでしょうか。 それにしてもイギリスのキャッシングは、何とも興味深い数字ですね。世界には色々な融資商品がある訳です。