銀行からお金を借りる時のポイント

消費者金融よりも、低金利で高額の融資を受けることが出来るとして、人気があるのが銀行からお金を借りるという方法です。消費者金融とは異なり、総量規制の対象となっていないため、専業主婦でも利用することが出来ます。以前は、申し込みをしてから融資を受けるまでの審査時間が長く、すぐにお金が必要という人には利用しにくいというイメージがありました。しかし、最近では申し込んだその日に審査が行われるという所も多く、以前よりも融資を受けやすくなっています。銀行によっては、申し込んだその日に融資を受けることが出来る即日融資に対応している所もあります。

銀行からお金を借りる時に必要となるものとしては、運転免許証や保険証などの本人確認書類があります。これはどのような人でも申し込みの際に必要となります。また、融資希望額によっては、所得証明書の提出が必要となることもあります。銀行からお金を借りる時という時には、申し込みをした上で、審査を受ける必要があります。

審査の時には、在籍確認という電話連絡が行われることがほとんどです。この在籍確認は、申込時に申告した職場に在籍の事実があるか否かを確認するために行われるものであり、銀行名を名乗るということはありませんので、安心です。なお、派遣社員として働いている場合には、派遣され働いている職場ではなく、登録している派遣会社の連絡先を記載するようにしましょう。働いていない専業主婦の場合には、在籍確認が行われることはありません。

収入を得ている配偶者のもとに連絡がいくということもありませんので、配偶者に知られること無く、お金を借りることも出来ます。初めて銀行からお金を借りるという場合には、それほど多くのお金を借りることは出来ません。その為、金利を比較するという場合には、下限金利ではなく、上限金利を確認するようにしましょう。返済負担を少なくするという時には、上限金利が低い所を選ぶようにしましょう。