学生がお金を借りるための方法

学生でも、20歳以上の人なら、お金を借りる方法はたくさんあります。20歳未満の人は、原則として親の同意が必要になります。ほとんどのカードローンでは、「20歳以上の方」という条件がついているので、たとえ親の同意があっても、お金を借りることはできません。クレジットカードならば、18歳以上20歳未満の人なら、親の同意があれば作れるものが多いです。

クレジットカードに10万円程度のキャッシング枠がつけられることがありますので、そのキャッシング枠を利用してお金を借りることができる場合があります。ただし、20歳未満の人の場合、多くのクレジットカードではキャッシング枠はゼロになっているものと思われます。親の同意がなければ、未成年者との契約は取り消しができるため、原則として契約は結べません。親の同意なしでお金を貸してくれるような業者は闇金などの違法業者である可能性も高いので、気をつけておきましょう。

学生ローンでは、20歳未満の人でも親の同意があればお金を借りられることがあります。昔は学生証1枚あれば借りられましたが、現在は貸金業法が改正されており、原則として免許証や保険証などの身分証明証も必要になります。20歳未満の人は、カードローンの選択肢がかなり限定されてしまいますので、なるべく借金に頼らなくてすむように、手持ちのお金に余裕をもたせておくことが重要になるでしょう。

スーパーやコンビニでの買い物は、多くの人が現金でしていますが、クレジットカードで支払うことで、現金を浮かせることができます。クレジットカードで支払えばポイントがつくというメリットがありますので、なるべくクレジット決済で支払うように意識しておくことで、人生全体で考えると大きな節約効果が出てきます。どうしてもお金がないという場合には、まずは親に相談をしてみるのがよいでしょう。

20歳以上の人で、アルバイトで収入を得ている学生の人なら、銀行カードローンや大手の消費者金融でもお金を借りられる可能性が高いです。無理のない借り入れをするようにして、期日を守って返済をしていきましょう。